life is crazy だけどamazing

A.B.C-ZとHey!Say!JUMPとTravisJapanのピンク

思い出はいつもここから A.B.C-Z 5STARS FESTIVAL IN JOYPOLIS


たまたまジョイポリス来たらなんかコラボしてるんだけど!?!?
というツイートがTLに流れてきて、
A.B.C-Z 5STARS FESTIVAL IN JOYPOLIS」の存在が明らかになったのは
コラボ初日、7/16のことでした。











いやそんなことあるか????あるか???
あるんだなあ……あったんだなあ…A.B.C-Zトンデモ発表列伝……


東京、お台場にある室内型遊園地「東京ジョイポリス」でのA.B.C-Zコラボは昨年に続き2度目、アトラクションは前回コラボしていた「ハーフパイプトーキョー」「フォーチュンフォレフオ」「ワイルドリバーザ・トレジャーハント」(前回は同シリーズの「ワイルドジャングル ブラザーズ」)
に加え、「激音ライブコースター」の合計4アトラクション。

2年連続のコラボ、そして「ハーフパイプトーキョー」「激音ライブコースター」のジョイポリス二大アトラクションとの同時コラボはとても珍しいことらしいです。有難い。










と、言うことで

行っていましたジョイポリス!!




昨年に引き続き、もう入り口入った瞬間からA.B.C-Z。どこもかしこもA.B.C-Z


君たちと一緒なら、空だって飛べる - life is crazy だけどamazing
昨年の記事はこちら





ジェットコースターに乗りながらA.B.C-Zの楽曲で音ゲーできるなんて誰が想像した!!!??最高すぎない!!??


何が最高って、「激音ライブコースター」の音ゲー、まあまあ難しいんですよ。曲知ってないとまずできない。
一般のお客さんも多く訪れる夏休みシーズンにA.B.C-Zの楽曲で音ゲーさせてくれる世界があるなんて幸せすぎました。

並んでいるお客さんも、A.B.C-Z関係なく楽しそうで、「A.B.C-Zの曲知らないけどできるかなあー難しいかなあー」と言いながらワクワクした顔で列に並んでくださったり、A.B.C-Zに興味を持ってくださったり、とても暖かい空間でした。




そしてデジタルライブ
前年に引き続き、写真撮影は禁止なので写真はありませんが、時間近くになるとわらわらとどこからともなく集まってくるえび担。

大盛り上がりでお姉さんの前説を聞くえび担。

ライブが始まったらとりあえずDAN DAN Dance!! するえび担。





なんという幸せ


ジョイポリスさんのご厚意で、前年のデジタルライブの上映回を設けてくださったり、前説のお兄さんお姉さんがたくさんたくさんA.B.C-Zのことを勉強してくださったり。
デジタルライブだけでも幸せ。
とにかく空気が暖かい。



そしてコラボアトラクションのひとつ「ワイルドリバー ザ ・トレジャーハント」
前回は「河合くん、君は何も悪くないよ……ちゃんと運転したんだもんね、怖かったね」という気持ちになりましたが、今回はふみつかのせいだからな💢

たいそうかわいいけど1番疲れが出てるはしもとくん(通常運転)やっぱり基本的には重鎮ポジションの五関様(通常運転) 初めから完全に「やべえやつ」な戸塚さん(通常運転)引っ掻き回すだけ引っ掻き回して痛い目見てメンバーに諭される塚ちゃん(通常運転)調子に乗ってたら痛い目にあってめそめそぶりっこになる河合くん💢💢(通常運転)

ジョイポリスさんA.B.C-Zのこと分かりすぎ





そして3階にある「フレームカフェ」ではイベント期間中、前半と後半各3種類のフード、デザートメニューと、ドリンク2種が提供されています。
なんと、コラボメニューをひとつ注文するごとに、A.B.C-ZのCDジャケットが印刷されたスクエア缶バッジが付きます。
7種類(一種は完売したので現在は6種類です)から好きなものを選べます。すごい。




カフェ内はイベント仕様になっていて、パネルや机の装飾、壁にはポスターがずらり、モニターにはMVがリピート、という幸せすぎる空間が広がっていました。














A.B.C-Zが表紙のSODA 11月号で、「一度掴んだ縁を離さないグループ」という言葉があって、このコラボはほんとうにその通りだなあ、としみじみ思いました。

お互いビジネスだから、もちろん利益がどれだけ出るか、というのは大切なことですし、きっと昨年にそれなりの実績を残せたからこその今回なのだと思いますが、
結局はファンでないお客さんも同時期に呼び込まなければ意味がないわけで、前回、それがうまい具合にできたから、今回のコラボがあると思います。

A.B.C-Z東京ジョイポリスの関係性の良さはもちろん、
A.B.C-Zの「誰も置いていかない」楽しさ、というものには毎回とても感激します。

内輪ネタで終わりそうなところを、隅から隅まで全員に「ほら!!!おいで!楽しいよ!!」と手を差し伸べてくれるような、
それでいて決して押しが強すぎないような。


A.B.C-Zの作るエンターテイメントはほんとうに美しくて、楽しくて、優しいな、と心からかんじました。

また素敵なコラボがあるといいなあ…










さて、今回も素敵なコラボイベントを企画してくださった東京ジョイポリスさんには感謝しかないのですが、そんなイベントも来週10月14日で終了してしまいます。



2ヶ月以上もイベントを開催してくださって、本当に嬉しいです。







まだ三連休の予定が決まってないよ!!って方!!!!是非とも東京ジョイポリスで楽しくDAN DAN Dance!! はいかがでしょうか??